群馬県伊勢崎市議会議員
伊藤純子
ペイジー収納およびクレジット収納サービスの導入について

 伊藤純子です。暦は2月に突入、立春も過ぎ「市議会通信」をご覧のみなさま、いかがお過ごしでしょうか?

 

 表題のとおり、伊勢崎市は市税等をインターネットバンキングや対応ATMで納付する「ペイジー収納サービスおよびYahoo!公金支払いを利用したクレジット収納サービス」を導入、平成29年4月10日から開始いたします。これで、窓口に出向くことなく、自宅や外出先から時間帯を選ばず市税等の納付が可能となり、納付者の利便性向上が図られます。ペイジー収納サービス対象科目は下記のとおりです。

 

 【ペイジー収納サービス】

1 対象科目 

◎市県民税(普通徴収)◎市県民税(給与特別徴収)◎法人市民税 ◎固定資産・都市計画税 ◎軽自動車税 ◎国民健康保険税 ◎後期高齢者医療保険料 ◎介護保険料

 

2 取扱金融機関

◎群馬銀行 ◎みずほ銀行 ◎三井住友銀行 ◎足利銀行 ◎東和銀行 ◎佐波伊勢崎農協 ◎ゆうちょ銀行

 

次の金融機関はATMの使用はできません(パソコン(個人・法人)、携帯・スマートフォンは使用できます)。

◎桐生信用金庫 ◎アイオー信用金庫 ◎しののめ信用金庫 ◎中央労働金庫 

 

3 手数料 無料 ※金融機関によっては時間外手数料が生じることがあります。

 

【クレジット収納サービス】

1 対象科目

◎市県民税(普通徴収)◎固定資産税・都市計画税 ◎軽自動車税 ◎国民健康保険税 ◎後期高齢者医療費保険料 ◎介護保険料

 

2 利用方法

パソコン、スマートフォン等からインターネットでYahoo!公金支払いを利用したクレジット決済

 

3 手数料

納付額1円〜10,000円まで  一件当たりの手数料 50円

納付額10,001円〜20,000円まで 一件当たりの手数料 150円

納付額20,002円〜30,000円まで 一件当たりの手数料 250円

以降、10,000円ごとに100円加算されます。

※ 手数料には別途消費税がかかります。

 

以上です。なお、ペイジー収納サービスの実施は県内で群馬県、前橋市、高崎市、桐生市に次いで5番目、クレジット収納サービスの実施については県内で、前橋市、高崎市に次いで3番目の導入になります。

 

 

| 市議会通信 | 22:02 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
【視察レポート】 福島第一原子力発電所

 伊藤純子です。昨日24日、伊勢崎市議会の有志による福島第一原子力発電所の視察が行われました。最初に向かった場所は、双葉郡楢葉町にある「Jヴィリッジ」。元々はサッカーのナショナルトレーニングセンターだったとのことですが、現在は東京電力福島第一原子力発電所の事故収束のための言わば「中継地」になっており、東京電力福島第一廃炉推進カンパニー運営統括部の方から、東日本大震災発生当時の津波状況と設備の被害状況、そして現在の1〜4号機の現状と労働環境について、説明がありました。

 

 本年1月19日現在、汚染水の浸透防止工事や堰のかさ上げ、護岸工事や海側の瓦礫撤去、燃料取り出し用カバーの設置などといった復旧工事がかなり進んでおり、各号機ともに「冷温停止状態」を継続している、と聞きます。これまで問題視されていた汚染水については、土壌をモルタルなどでカバーすることで、雨水が地下に浸透しないよう、汚染の拡大を抑えることもできたとのこと。また、技術者の方々の作業環境も前進し、発電所の安定化、廃炉に向けた作業が着実に進められているようすを目の当たりにすることができました。4号機については、2014年12月22日にすべての移送作業も完了しているとのこと。廃炉に向けたさらなる作業が進むことを願うばかりであります。
 気になる事故後の放射性物質濃度でありますが、現在は徐々に低下しており、事故直後に比べて100万分の一程度まで低減。汚染水については、ALPS(多核種除去設備:Advanced Liquid Processing System)によって、62種類の放射性核種を除去、毎日2000鼎両化を行うなど、技術面での躍進ぶりが窺えました。また「死せる水」とも言われているトリチウムですが、これも海洋放出できるレベルになっている、とのことでした。
 
 説明後、私たち一行はマイクロバスで福島第一原子力発電所へと向かいました。車窓から眺める田畑は荒れ果てて、点在する民家の門前はゲートで覆われ、人影と言えば、そんな民家を見守る警察官や警備員の姿だけでありました。
 福島第一原子力発電所の構内に入ると、以前であれば、放射性物質が付着するのを防止する白い服で身を包み、マスクをするなどしていたようですが、現在は多くの区域での平服姿の作業員の姿が目立ちました。それでもやはり、損傷が最も激しかった3号機付近の放射線量はまだ高く、マイクロバスの中からの視察ではありましたが、炉のあるエリアは高い放射線量が認められました。
 運転中の事故による普及作業は世界でも例がなく、日本の廃炉作業が見本になることでしょう。進捗具合について質問させていただきましたが、「あと30年〜40年はかかる」との回答がありました。
 マイクロバスの中から行った構内視察でしたが、構内視察での被曝量は0.01マイクロシーベルトで、「歯医者のレントゲン1回分」程度のものでした。
 電気を使用する者として、あるいは医療分野での放射線の有益性を尊重する立場から、何を隠そう、私は「原発推進論者」であります。ただし、安全確保のためには、いかなる人為的なミスがあってはならないと考えます。仮に、人為的なミスが発生したとしても、物理的防護策が確実に行われることと、通報や公表の遅れなどで国民を脅かしたり、不安にさせないことが極めて重要なことだと感じています。今回の視察で、東京電力側がこれを真摯に受け止め、実行していることは確かであると認識できました。今後、さらなる安定化が進むことを願うばかりであります。
| 市議会通信 | 16:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
謹賀新年

  

  

 謹賀新年

 

 明けましておめでとうございます。

 旧年中は、当ブログ「市議会通信」に

   格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。

 今年も変わらぬご愛顧のほど、お願い申し上げます。

 新しい年を迎え、ここに謹んで

 みなみなさまのご健康とご多幸を

 お祈りいたします。

 

 平成29年 正月

 

                     伊藤 純子

| 市議会通信 | 17:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
12月議会、開会中!

 伊藤純子です。暦はいよいよ師走の時節とあいなりました。『市議会通信』をご覧のみなさま、いかがお過ごしでしょうか?

先日の小春日和とは真逆の天候の本日、忙中閑あり、ということで下記のとおり、現在会期中の平成28年第5回定例会(12月議会)日程をご案内申し上げます。(伊勢崎市HP市議会より引用いたしました)

 

 

平成28年第5回定例会日程予定

 平成28年11月30日(水曜日)〜12月20日(火曜日) 

月日 曜日 開議時刻 場所 会議区分
11月30日 水曜日 午前10時 議場 本会議
12月2日 金曜日 午前10時 議場 本会議(一般質問)
12月5日 月曜日 午前10時 議場 本会議(一般質問)
12月7日 水曜日 午前10時 委員会室 総務委員会
12月8日 木曜日 午前10時 委員会室 文教福祉委員会
12月9日 金曜日 午前10時 委員会室 経済市民委員会
12月12日 月曜日 午前10時 委員会室 建設水道委員会
12月20日 火曜日 午前10時 議場 本会議
  • 本会議及び常任委員会(総務委員会、文教福祉委員会、経済市民委員会、建設水道委員会)は、傍聴することができます。
  • 本会議は、伊勢崎市議会インタ―ネット中継のページから視聴することができます。

 

 なお、今期定例会中、政務調査費の使途をめぐる代表者会議が行われています。私も会派の代表、経理責任者ということで出席しています。伊勢崎市議会の政務調査費の使途については、全国的にも用途審査が厳しいうえ、他の市議会とは異なり「潔白」であることをここに明記しておきます。富山市議会の不正使用を発端に、伊勢崎市議会事務局にも、マスコミないしオンブズマン、また市民から、この政務調査費の使途について問い合わせが多数寄せられていますが、いずれも納得、了解していただいていると聞いています。税金でまかなわれていますので、政務調査費についてはさらに明確で、監査請求の際には「分かりやすく」を念頭に、議員総意で会議進行されていますこと、取り急ぎここにご報告しておきたいと存じます。

 

 

| 市議会通信 | 12:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
9月定例会のご案内

 伊藤純子です。日本付近の海域で発生した台風10号、その長寿ぶりが46年ぶりに記録を更新しました。今後は北上する見込みで、明日30日には北日本を直撃すると、気象庁が警戒を呼び掛けています。そんな台風のあおりを受けて、群馬上空はどんよりとした厚い雲に覆われています。

 そろそろ伊勢崎市議会も定例会が始まります。目下、めげずに定例会に向けた準備をしているところです。早速ですが下記のとおり、伊勢崎市議会定例会の日程をご案内いたします。今期は一般質問に登壇、決算委員会も開会されるなど、長い審議が展開します。ちなみに会期は29日です。

 

 ◆平成28年第4回伊勢崎市議会定例会日程◆

 

9月 2日(金)  本会議 〇平成27年度各会計決算 一括議題、提案理由説明聴取

9月 7日(水)  本会議 〇平成27年度各会計決算 質疑、特別委員会設置・付託・委員選任 〇決算特別委員会

9月 8日(木)  本会議 〇一般質問

9月 9日(金)  本会議 〇一般質問(2日目)※一般質問に登壇いたします

9月13日(火)  委員会 〇決算特別委員会

9月14日(水)  委員会 〇決算特別委員会(2日目)

9月16日(金)  本会議 〇一般議案 議題〜所管常任委員会付託

9月20日(月)  委員会 〇総務委員会

9月21日(火)  委員会 〇文教福祉委員会

9月23日(金)  委員会 〇経済市民委員会

9月26日(月)  委員会 〇建設水道委員会

9月28日(水)  委員会 〇議会運営委員会

9月30日(金)  本会議 〇平成27年度各会計決算 委員長報告〜議決 〇一般議案 委員長報告〜議決

             〇追加議案あれば 議題〜議決 〇議員提出議案あれば 議題〜議決 

             〇採択請願あれば 委員長報告〜議決

 

 なお、会議の開始時刻は午前10時です。今回一般質問にも登壇いたします。質問の内容は下記のとおりです。

 

 1 国際交流、県外市町との都市連携とその活性化に向けた取り組みについて

 (1)経緯と業績

 (2)締結の意図

 (3)意義と必要性

 (4)新たな都市間連携の推進

 

 2 市民との協同による地域課題解決について

 (1)業務対応の現状

 (2)千葉市が導入した「ちばレポ」に対する市の考え

 (3)市民協働レポート導入の考え

 

 3 超高齢社会における新たな公共交通あり方について

 (1)公共交通機関に頼らざるを得ない市民への対応

 (2)LRT(次世代型路面電車システム)導入の考え

 

 さらに、今回は市議会「正論の会」として、「台湾出身者の戸籍表記是正を求める意見書(案)」を内閣総理大臣、法務大臣あてに提出、審議される見通しです。参考までに、意見書を添付いたしますので、ご覧ください。

 

 

 

台湾出身者の戸籍表記是正を求める意見書(案)

 

 台湾出身者が日本人と結婚、あるいは帰化するなど、その身分に変動があった場合、戸籍における国籍や出生地は「台湾」ではなく「中国」もしくは「中国台湾省」と表記されている。伊勢崎市においても台湾出身者を「中国」と表記、手続きの際に担当者が台湾出身者に対して説明をし、一定の理解を求めている状況である。

 中国とは中華人民共和国のことであり、中国台湾省とは中華人民共和国の行政区を指す。しかし、台湾がこれまで一度たりとも中華人民共和国に統治を受けた史実はなく、これは台湾出身者の尊厳、人権にかかわる重要な問題である。

 そもそも戸籍において台湾出身者を「中国」としたのは、東京オリンピックが開催された昭和39619日付で出された「中華民国の国籍表示を『中国』と記載することについて」という法務省民事局長通達が根拠となっている(参議院平成23819日答弁256号)。

 昭和47年、中国と日本の国交を樹立した際、中華民国(当時の台湾)と断交したものの、平成17年から日本と台湾との間で観光客に対するビザ免除を恒久化、また平成19には運転免許証の相互承認を行っているが、中国とはいまだ行われていない。東京都は平成205月、台湾からの転入、転出の際の住民基本台帳の表記について、「現状に即さず、正確ではない」との判断から「台湾」表記を認める通知を出している。

 平成247月、これまでの外国人登録証明書を廃止し、新たな在留カード制度に移行された際には、「国籍・地域」欄を設け、台湾出身者は「中国」ではなく「台湾」と表記されている。同時に実施された外国人住民基本台帳においても台湾出身者の「国籍・地域」は「台湾」と表記されるようになった。つまり、同じ法務省内の在留カードや外国人住民基本台帳と、戸籍の国籍欄の整合性がとれていない。

 よって、下記の事項を実現するよう、日本政府に強く求める。

 

                  記

1 戸籍の国籍欄および出生地欄を「国籍・地域」と改め、台湾出身者を「中国」ではなく、「台湾」と表記するよう、早急に新たな民事局長通達を出すこと。

 

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

 

 

 今定例会も慎重審議に臨み、しっかり職務に励みたいと思います。

 一般質問登壇日は9月9日(金)午後2時過ぎを予定しています(その日の日程で、登壇時間が多少変更する場合があります)。

 お時間のある方はぜひ、この機会に傍聴しませんか?

 

 

 

 

            

 

 

 

| 市議会通信 | 13:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
第3回伊勢崎市議会定例会(6月議会)のご案内
 伊藤純子です。平素『市議会通信』をご覧いただき、誠にありがとうございます。早速ですが表題のとおり、「平成28年第3回定例会(6月議会)の日程が決まりましたのでご案内いたします。会期は18日間(本会議4日、委員会4日)です。

 ◆平成28年第3回伊勢崎市議会定例会日程◆
  6月10日(金曜日)〜6月27日(月曜日)
月日 曜日 開議時刻 場所 会議区分は下記のとおり

6月10日 金曜日 午前10時 議場 本会議
6月13日 月曜日 午前10時 議場 本会議(一般質問)
6月14日 火曜日 午前10時 議場 本会議(一般質問 2日目)
6月16日 木曜日 午前10時 委員会室 総務委員会
6月17日 金曜日 午前10時 委員会室 文教福祉委員会
6月21日 火曜日 午前10時 委員会室 建設水道委員会
6月27日 月曜日 午前10時 議場 本会議

 会議の日程、時間等は変更になることがありますが、会議の開始時刻は午前10時です。
 本会議および常任委員会(総務委員会、文教福祉委員会、建設水道委員会)を傍聴することができます。

 なお、6月10日㈮の本会議で、全国市議会議長会表彰状および感謝状伝達式と、永年在職特別功労議員顕彰式が執り行われます。ちなみに議員在職25年に該当するのは北島元雄議員(日本共産党)、矢島征司議員(自民党)。そして議員在職10年に該当するのは羽鳥基宏議員(自民党)、阿久津尚子議員(公明党)です。  

 今回の表彰にあたり、議員在職25年の顕彰・感謝状授与の栄誉は受けるものの、北島議員については「絵画の購入」と「議会棟壁の画像掲揚」は辞退の申し出があった、と聞いています。議員在職10年に該当する阿久津議員については、功労議員顕彰・感謝状授与の栄誉、いずれも辞退しているもよう。  

 さて、過日の「市議会だより」でも周知のとおり、私、伊藤純子は「伊勢崎市空家等対策協議会」の審議会メンバーに選出されました。市議会を代表しての審議会参画なので、空家等対策計画の策定から、空き家や空き家跡地の活用促進、あるいは特定空家等に関する措置や対処などなど、空き家対策に本腰を入れて取り組む所存であります。  

 いよいよ今週から会期モードに切り替え、議会人に徹したいと思います。引き続き、伊藤純子の議会・政治活動へのご理解とご協力のほど、お願い申し上げます。

 
| 市議会通信 | 12:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
熊本地震への対応について
熊本県熊本地方を震源とする地震への対応について、ご案内いたします

 4月14日、熊本県熊本地方で発生した地震の被災地を支援するため、伊勢崎市は「義援金の受付」を開始いたします。詳細は、下記のとおりです。

 受付期間
 平成28年4月15日㈮ 〜 同年6月30日㈭ まで

 受付場所
 市役所本館1階受付 平日 午前8時30分〜午後5時15分(平日時間外、休日は当直が対応)
 東館2階社会福祉課 平日 午前8時30分〜午後5時15分(平日時間外、休日は当直が対応)
 各支所住民福祉課  平日 午前8時30分〜午後5時15分(休日は土曜窓口および日直が対応)

 問い合わせは 伊勢崎市社会福祉課 0270-27-2748 へ。

 伊勢崎市議会は、去る15日、「議員親交会」から20万円を寄付いたしました。

 この度の熊本地震で、被災された方々にお見舞いを申し上げますととともに、亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。
| 市議会通信 | 13:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「爆破予告」について
 伊藤純子です。新年度体制になったばかりの昨日4日、伊勢崎、太田警察署および伊勢崎市役所宛てに「爆破予告」をほのめかす封書が郵送されていたことが分かりました。

 いずれも消防団の活動に関して、「要求を飲まなければ指定した場所にて爆破物の仕掛け、または薬物テロを起こします」などど記載してある紙が入った封書が郵送された、とのことです。
 こうした事案について、職員への注意喚起や、「いせさき情報メール」登録者に周知を行ったようですが、爆破の場所、時間などが確定しないため、警察と協議を重ねているとのことであります。

 このような類似案件が全国で発生していることから「模倣犯によるもの」と推察しておりますが、万が一のことを考慮して、お住まいの公共施設や、寺や神社、スーパーやコンビニなど、人が集まるような場所で不審物を発見した場合、速やかに警察に通報を願います。

 なお、この件についての問い合わせは、総務部安心安全課 防犯係 27-2706 (FAX 26-6123)へ。

 
| 市議会通信 | 13:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
出生祝品の贈呈
 伊藤純子です。本日20日は「春分の日」、旗日であります。『市議会通信』をご覧のみなさまにおかれましては、お元気でお過ごしのことと拝察いたします。
 早速ですが表題のとおり、「出生祝品」の贈呈について、市民部から情報提供がありましたので、ご案内いたします。

 伊勢崎市は、お子様の出生に祝意を表するとともに、健やかな成長を願って「出生祝品」を贈呈する事業を開始します。
 対象者や贈呈方法などの詳細については、下記のとおりです。

 対象者   本市が受領した出生届に記載された子
 贈呈方法  出生届時に贈呈
 贈呈場所  市民課、各支所住民福祉課
 祝品    ―仞元念証 ぐんまちゃん、くわまるのキャラクター入りデザインでL判写真が入れられる自立式フォトフレーム
       ➁新生児用品 市内で製造されている滅菌財清浄綿
 数量    子供一人につき、1セット

 なお、他市町村に出席届を出しても、本市に住民登録した子供についても、心臓から申し出があった時にも贈呈されます。
贈呈開始日は平成28年4月1日から。お問い合わせは ☏ 0270-24-5111(内線 2119)市民部市民課まで。

 
| 市議会通信 | 17:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2月22日は「竹島の日」と、本会議開会日でした

 伊藤純子です。極寒のみぎり、「市議会通信」をご覧のみなさま、いかがお過ごしですか?


  本日22日、平成28年伊勢崎市議会定例会が開会いたしました。会期は26日間。慎重審議に務めたいと思います。

 また、29日㈪に行われる「一般質問」に登壇いたします。質問内容は下記のとおりです。



 ◇ 一般質問 (平成28229日㈪)◇

 1 空き家対策について
(1)現状
(2)空き家および特定空き家の件数
(3)固定資産税軽減措置の見直し
(4)国土交通省の公営住宅に準ずる住宅としての活用に対する考え
(5)空き家の撤去費用に伴う支援の考え

 2 3世代同居、近居および専業主婦に対する支援について
(1)現状
(2)3世代同居、近居に対する考え
(3)祖父母による未就学児の育児支援
  ア 個人住民税
  イ 固定資産税
(4)子育て専従者に対する給付金支給の考え
 以上です。なお、伊藤純子の登壇時刻は29日㈪午後1時以降です。お時間の許す方は、ぜひ、傍聴にお出かけください。多少、時間が前後する場合がありますが、午後130分までに本会議場へご入場いただけるとありがたいです。



 さて、本日のお題「竹島の日」について触れたいと思います。

 本日22日は「猫の日」でもありますが、「竹島の日」であります。一人でも多くの日本国民に、本日が「竹島の日」であることを認識していただき、韓国政府による不法状態の是正を、ともに訴えてほしいと思っています。

 そもそも竹島が侵略されたのは、日本が占領統治下にあった昭和27年のこと。当時、日本の防衛責任がアメリカにあった時代、韓国の領有に「根拠がない」と突っぱねたものの、李承晩はサンフランシスコ条約の発効前に、「李承晩ライン」を一方的に引き、竹島を奪ったのであります。現在の竹島は、韓国軍が不法占拠している状態であります。

 聞けば、島根県条例第361条は「県民、市町村および県が一体となって、竹島の領土権の早期確立を目指した運動を推進し、竹島問題についての国民世論の啓発を図るため、竹島の日を定める」と記してあるそうです。しかしながら、いくら国会会期中であるとは言え、「竹島の日」の式典に、閣僚級の要人が出席しなかったことは、残念の極み。それでは、今日の日を「竹島の日」「竹島、奪還!」と訴えても、政府がその本気度を示さない限り、国際社会からは「主権の放棄」と見なされてしまうのではないでしょうか?

 

日本の最南端・沖ノ鳥島のことを思い出します。海面上に出ている岩礁の波食による消滅が懸念され、当時、東京都知事だった石原慎太郎氏が海岸保全区域に指定して、消波ブロックとコンクリートによる保全工事を行った、あの快挙のことです。当然ながら、中・韓国の猛反発に遭いましたが、結果的に、日本の所有権が世界的に認められたのであります。やはり、あのとき立ち上がったのも政府ではなく、東京都・石原都政だったのです。

 本日22日の「竹島の日」の式典を通じて、日本の領土、領空、領海について、教育現場である学びの場でも指導する必要があるもの、と考えます。
果たして、日本のどれだけの学校の先生たちが、今日の「竹島の日」について、児童・生徒たちに語ってくれたでしょうか?「竹島の日」をきっかけに、日本が日本であるための基本である、領土、領空、領海について、教育の場で学ぶ機会を与えてほしい、そう願っています。

| 市議会通信 | 23:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
CALENDAR
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
PROFILE

趣味:スポーツ(マラソン、剣道)映画・音楽鑑賞 読書
性格:天真爛漫
好きな食べ物:
ラーメン 一夜寝かせたカレーライス
好きな歌手:石川さゆり 
尊敬する人:中曽根康弘元首相
好きな言葉:
「百万人言えども我行かん」

スイスに学べ!
スイス政府編  原書房編集部
新書判・320頁  1575円
地域から誇りある国づくりを!
地域から誇りある国づくりを!
私が所属している「日本会議首都圏地方議員懇談会」の議員仲間たちとともに『地方議員の闘い 地域から誇りある国づくりを! 』《 明成社 定価 税込1470円 (本体1400円)》を刊行しましたのでご案内いたします。
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
SPONSORED LINKS
このページの先頭へ