群馬県伊勢崎市議会議員
伊藤純子
<< リポート 中越沖地震 【後編】 | main | 21万人! >>
安心安全なまちづくり−旭川編
 

 お久しぶりです。伊藤純子です。7月31日から8月2日まで、北海道を訪問。初日31日は、北海道内で第2位の人口を有する道北の拠点都市・旭川市を視察しました。

 目的は、不意に襲い掛かる災害や事故などから、高齢者・災害弱者を守るためのサービス推進事業「あんしん訪問」を視察するため。この「あんしん訪問」事業は、3つの支援事業で構成されています。

 1つ目は、独居高齢者を含む災害弱者に対し、防火指導や保健師による健康相談などを合わせて行う『災害弱者緊急通報システム(ホットライン119)』。伊勢崎市もすでに、高齢福祉課が「在宅サービス」のひとつとして『緊急通報装置事業』を実施しており、日常生活に不安がある一人暮らしの高齢者を対象に「費用負担なし」で提供しています。

 一方の旭川市では、火災やガス漏れ、事故などの緊急通報にとどまらず、防災に関する不安や悩みごと相談など、暮らしのなかの不安や危険を解消するための手助けや助言を行う「災害弱者訪問サービス事業(ほのぼのサービス)」といった事業も繰り広げています。

 また、女性消防団員や婦人防火クラブメンバー、そして地域防災ボランティアスタッフがノートパソコンを持って一人暮らしの高齢者宅を訪ね、消防本部に待機している保健師と通信し、お年寄りの血圧や脈拍を測定するサービスも実施。高齢化の進展を見据えた事業展開を進めています。

 
【写真】血圧、脈拍を測定するサービス「あんしん訪問事業」
    実際に消防本部の保健師と交信してみました!

 旭川市の「あんしん訪問」事業の魅力は、保健・福祉・医療の各関係機関が連携して事業展開している点。縦割りの行政が‘苦手’とする課題にあえて取り組んでいる姿勢に、地方自治の底力と可能性を見た気がいたしました。

 個人情報の保護に関する法律によって、一人暮らしのお年寄りや災害弱者を調べることは禁物とされていますが、まさかの非常事態を想定した場合、災害弱者についての詳細を把握していないというのは、自治体としてあまりにも「お粗末」であり、市民生活を守るという観点から、むしろ重要なことと思われます。旭川市は、ボランティアが訪問して集めた「蓄積情報」を緊急時に「災害支援情報」として活用する意向を示しています。

 市民生活を守るためには、個人情報も入手すべき− 個人情報保護法の煩わしさ、恨めしさ、また同法の不要性を改めて実感した視察でもありました。

 2日目は、港や運河、石造倉庫が建ち並ぶ歴史的遺産を活かした町・小樽市を訪ねました。小樽市での視察内容は「観光基本計画」。この基本計画については別途「市議会通信」に掲載いたします。お楽しみに。


| 市議会通信 | 23:54 | comments(2) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 23:54 | - | - | pookmark |
ネットなので限界があると思いますが…もう少し、実際の雰囲気、具体例をみたい…調べてみようと思わせる記事で読んでいて興味がわきました。旭川市の例は女性団員を使うなど人間心理をついた暖かさを感じます。
横の連携と暖かさという難点を克服出来た旭川市の例が日本のモデルケースになったら、災害に遭っても最低限の生存の安心が確保できると感じました。
| S−マイン | 2007/08/03 5:41 PM |
 S−マインさん、コメント投稿、ありがとうございます。

 旭川市は、「女性防火クラブ」のほかに、女性だけで構成されている「女性消防団」が組織されていました。その動きは全国でもまだあまり見られていないようなのですが、旭川市以外でも、女性消防団は小さいながらも産声をあげているそうです。2年前に行われた「女性消防団」の「全国大会」が開会され、旭川市も参加されたと伺っています。女性の細やかさ、気配りといった、女性ならではの器量を発揮することで、まさかのピンチに加勢いただければ最高、と思います。仰せのとおり、旭川市のやさしい側面を垣間見た気がいたします。

 北海道の歴史はまだ浅いものの、北の大地で力を合わせて生きる人々の活気や、情の深さというものを肌で感じました。そのような道民性はおそらく、北海道の「自然の恵み」にも由来する、と思われます。

 と申しますのは、北海道の気温。寒暖の差があることから、花の色彩がことのほか鮮やかに見えました。あまりの美しさに、会話を忘れ、うっとりしてしまうほど。北海道の花、色は、本州のものと比較した場合、濃度が強く、小粒ながらも美しい。そんな花のいじらしさがなぜかとても印象に残りました。

 本州では夏真っ盛り、といったところですが、北海道の空の雲は「秋雲」で、トンボが飛び交う姿を幾度となく目にしました。

 次回は「小樽市」について掲載いたします。小樽編もぜひ、ご覧ください。近日中にアップします。




| 伊藤純子 | 2007/08/04 12:30 PM |









http://junks1.jugem.jp/trackback/94
台風5号
地震も怖いですが、台風も大きな被害を及ぼしますね。 今年は台風が多い年になるのでしょうか。
| 新潟県中越沖地震 | 2007/08/03 10:47 AM |
CALENDAR
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
PROFILE

趣味:スポーツ(マラソン、剣道)映画・音楽鑑賞 読書
性格:天真爛漫
好きな食べ物:
ラーメン 一夜寝かせたカレーライス
好きな歌手:石川さゆり 
尊敬する人:中曽根康弘元首相
好きな言葉:
「百万人言えども我行かん」

スイスに学べ!
スイス政府編  原書房編集部
新書判・320頁  1575円
地域から誇りある国づくりを!
地域から誇りある国づくりを!
私が所属している「日本会議首都圏地方議員懇談会」の議員仲間たちとともに『地方議員の闘い 地域から誇りある国づくりを! 』《 明成社 定価 税込1470円 (本体1400円)》を刊行しましたのでご案内いたします。
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
SPONSORED LINKS
このページの先頭へ