群馬県伊勢崎市議会議員
伊藤純子
<< 謹賀新年 | main | ペイジー収納およびクレジット収納サービスの導入について >>
【視察レポート】 福島第一原子力発電所

 伊藤純子です。昨日24日、伊勢崎市議会の有志による福島第一原子力発電所の視察が行われました。最初に向かった場所は、双葉郡楢葉町にある「Jヴィリッジ」。元々はサッカーのナショナルトレーニングセンターだったとのことですが、現在は東京電力福島第一原子力発電所の事故収束のための言わば「中継地」になっており、東京電力福島第一廃炉推進カンパニー運営統括部の方から、東日本大震災発生当時の津波状況と設備の被害状況、そして現在の1〜4号機の現状と労働環境について、説明がありました。

 

 本年1月19日現在、汚染水の浸透防止工事や堰のかさ上げ、護岸工事や海側の瓦礫撤去、燃料取り出し用カバーの設置などといった復旧工事がかなり進んでおり、各号機ともに「冷温停止状態」を継続している、と聞きます。これまで問題視されていた汚染水については、土壌をモルタルなどでカバーすることで、雨水が地下に浸透しないよう、汚染の拡大を抑えることもできたとのこと。また、技術者の方々の作業環境も前進し、発電所の安定化、廃炉に向けた作業が着実に進められているようすを目の当たりにすることができました。4号機については、2014年12月22日にすべての移送作業も完了しているとのこと。廃炉に向けたさらなる作業が進むことを願うばかりであります。
 気になる事故後の放射性物質濃度でありますが、現在は徐々に低下しており、事故直後に比べて100万分の一程度まで低減。汚染水については、ALPS(多核種除去設備:Advanced Liquid Processing System)によって、62種類の放射性核種を除去、毎日2000鼎両化を行うなど、技術面での躍進ぶりが窺えました。また「死せる水」とも言われているトリチウムですが、これも海洋放出できるレベルになっている、とのことでした。
 
 説明後、私たち一行はマイクロバスで福島第一原子力発電所へと向かいました。車窓から眺める田畑は荒れ果てて、点在する民家の門前はゲートで覆われ、人影と言えば、そんな民家を見守る警察官や警備員の姿だけでありました。
 福島第一原子力発電所の構内に入ると、以前であれば、放射性物質が付着するのを防止する白い服で身を包み、マスクをするなどしていたようですが、現在は多くの区域での平服姿の作業員の姿が目立ちました。それでもやはり、損傷が最も激しかった3号機付近の放射線量はまだ高く、マイクロバスの中からの視察ではありましたが、炉のあるエリアは高い放射線量が認められました。
 運転中の事故による普及作業は世界でも例がなく、日本の廃炉作業が見本になることでしょう。進捗具合について質問させていただきましたが、「あと30年〜40年はかかる」との回答がありました。
 マイクロバスの中から行った構内視察でしたが、構内視察での被曝量は0.01マイクロシーベルトで、「歯医者のレントゲン1回分」程度のものでした。
 電気を使用する者として、あるいは医療分野での放射線の有益性を尊重する立場から、何を隠そう、私は「原発推進論者」であります。ただし、安全確保のためには、いかなる人為的なミスがあってはならないと考えます。仮に、人為的なミスが発生したとしても、物理的防護策が確実に行われることと、通報や公表の遅れなどで国民を脅かしたり、不安にさせないことが極めて重要なことだと感じています。今回の視察で、東京電力側がこれを真摯に受け止め、実行していることは確かであると認識できました。今後、さらなる安定化が進むことを願うばかりであります。
| 市議会通信 | 16:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 16:30 | - | - | pookmark |









http://junks1.jugem.jp/trackback/338
CALENDAR
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
PROFILE

趣味:スポーツ(マラソン、剣道)映画・音楽鑑賞 読書
性格:天真爛漫
好きな食べ物:
ラーメン 一夜寝かせたカレーライス
好きな歌手:石川さゆり 
尊敬する人:中曽根康弘元首相
好きな言葉:
「百万人言えども我行かん」

スイスに学べ!
スイス政府編  原書房編集部
新書判・320頁  1575円
地域から誇りある国づくりを!
地域から誇りある国づくりを!
私が所属している「日本会議首都圏地方議員懇談会」の議員仲間たちとともに『地方議員の闘い 地域から誇りある国づくりを! 』《 明成社 定価 税込1470円 (本体1400円)》を刊行しましたのでご案内いたします。
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
SPONSORED LINKS
このページの先頭へ