群馬県伊勢崎市議会議員
伊藤純子
<< 医療講演会のご案内 | main | 第5回 伊勢崎市議会定例会のご案内 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
平成28年度予算要望書を提出!
 









 伊藤純子です。暦は10月から11月に突入しました。寒暖の差が激しい今日この頃、「市議会通信」をご覧のみなさま、いかがお過ごしでしょうか? 
 
 去る10月19日、平成28年度予算編成に対する要望書を伊勢崎市に提出いたしました。内容は下記のとおりであります。なお、青文字は殊に重点項目として掲げ、赤文字は新規要望となっております。今後の参考として、広くご意見などを拝聴できると幸いです。
 
 


平成28年度予算編成に対する要望書提出にあたって

 本年6月、伊勢崎市内で発生した突風による家屋の損壊や人的被害、また9月の関東および東北地方の豪雨による鬼怒川堤防の決壊は深刻な洪水被害をもたらすなど、自然災害の恐怖をまざまざと見せつけられました。自然災害の恐怖に留まらず、世界で最も安全な国でありながら犯罪件数の増加は著しく、近年、高齢者や幼い子供が巻き込まれる事件が後を絶えません。
 
 高齢化の進展も注意が必要で、65歳以上の高齢者人口が総人口に占める割合は、国連が『超高齢社会』とする21%を超える 23.3%となっている点も見過ごせません。今後、高齢化率はさらなる上昇を続け、40年後には39.9%にまで達し、国民の約 2.5人に1人が65歳以上の高齢者になると見込まれるなど、これまで世界のどの国も経験したことのない社会を迎えようとしています。本市も決して例外ではなく、高齢社会を迎える本市が果たす役割は、社会保障の充実や地域医療の確保など、まさに高齢社会にふさわしい政策提言、安全安心に生活できる社会の実現であって、今がまさにその検討を加える時期ではないかと考える次第であります。
 
 教育・家族問題など、国の根幹に関わる政治的課題が、国会よりも地方議会の方でより積極的かつ詳細に論じられているように、政治の最前線はまさに地方議会にあると言っても過言ではありません。そこで今一度、施策の優先順位を洗い直し、無駄を徹底して排除。行政運営についても他の地方都市と同様、依然として厳しい状況が続いていることに変わりはなく、これからもなすべき仕事に優先順位をつけ、肥大化したサービスや形骸化した事業を整理・再編することが急務であると考えます。
 
 当会派が6年もの長い年月にわたり「緊急事項」として掲げてきた「子宮頸がんワクチンによる副作用被害の対応」にようやく動きが見られたことは実に喜ばしく、つい先日、県は、来月中旬あたりを目途に、県と県教育委員会にそれぞれワクチン接種が原因とみられる副作用被害者専用の「相談窓口」を開設する方針を固めました。県が開設する「相談窓口」が有益なものになるためにも、市独自で、直ちに、接種者の副作用被害の実態を調査し、副作用被害と思われる人々の掘り起こしを行い、医療支援を必要とする人々の救済にご尽力いただきたい、そう願うばかりであります。本市の積極的な被害者支援体制の構築は、県との連携を強めるうえで極めて重要なことと捉えております。
 
 平成28年度予算編成にあたっては、厳しい財政状況下にあることを認識しつつ、限られた財源を知恵と工夫をもって配分し、『市民が安心して暮らせるまちづくり』の実現をめざして、来年度予算に反映して頂きたく、ここに要望するものであります。別記のとおり、平成28年度予算編成に対する要望書を提出させていただきますので、当会派の意図するところをお酌み取りいただきますよう、市長、教育長ならび執行部に謹んでお願い申し上げます。
 
 平成27年1019
 伊勢崎市議会「正論の会」  
伊 藤 純 子    印
 
平成28年度予算編成に対する要望事項
◇主要項目◇
地域医療 「子宮頸がんワクチン」接種による副作用被害者の救済・医療支援
     「子宮頸がんワクチン」接種者の追跡調査を実施

      非接種者による公費余剰金を検診費用に充当
      リスクの高いワクチンに頼らない無料検査による早期発見を実現
      医療政策課の主管課を設置
      消防本部における救急専用ダイヤルの開設

地域開発  絹産業遺産群「田島弥平旧宅」とその周辺地域の環境整備

経済振興  企業誘致と雇用創出
      主力の製造業に対する環境設備対策への支援

治安対策  自身防災対策のさらなる推進
      災害援護ボランティア窓口の設置


教育行政  不登校児童・生徒の増加に歯止めを
      個人主義ではなく「家族」や「共同体」を優先する教育指導

子育て・高齢者支援政策
      「子育て専従者控除」や「在宅高齢者支援」の拡充

国際交流  台湾・トルコなどの親日国家との国際交流
      経済振興および文化交流の推進


1 さらなる地方分権の確立
/Π等の人事管理ー市職員の有効配置
➁消防広域負担金引き上げを玉村町に要請
オートレース場の代替えに関する研究委員会の発足
ざ疥抻堋(本庄、深谷、太田市)との都市間連携の推進
ス埓ネットワーク事業の拡大(公民館での謄本や住民票などの発行業務)
市営墓地の整備・造成
台湾、トルコなど親日国との国際交流、友好姉妹都市締結へ
┛棒崎発の準急「りょうもう号」の増発実現
市営施設(市役所、各支所など)駐車場の有料化
⓾子育て支援に関する総合窓口「こども課」の設置
絹産業遺産群「田島弥平旧宅」の保存、管理の強化
 周辺アクセス道路整備、島村地域全体の環境整備の促進
最高裁判決で確定した「外国人への生活保護費給付の中止」徹底へ
適正な受益者負担の考えに則り、補助金等各種事業への公金支出の在り方を徹底検証

2 子育て・高齢者支援政策
.献Д鵐澄璽侫蝓爾覆匹硫畄禹彖曚療映
➁行き過ぎた「男女共同参画社会」の見直し
3才まで在宅で子育てする家庭を対象とした「子育て専従者控除」の創設
す睥霄圓亮立支援策、高齢者を支える家族に対する環境整備、政策研究
タ卦パチンコ店など遊戯施設の増加を制限する条例制定
在宅による高齢健康優良者の家族に対する報奨制度の制定

3 環境政策の推進と農業振興
[价呂粒搬隋米辰乏惺察Ω共施設などの芝生化)
➁ゴミの減量化 リサイクル事業のさらなる推進
G清反橋宗〕卦拉醒呂陵効活用
ぅ螢汽ぅルセンターおよび周辺地域の環境保全、維持対策
デの不妊・去勢手術費助成(補助)制度の導入
高齢社会にふさわしい公共交通の在り方を再検証
 車社会から公共交通社会へのシフト(例 ゴムタイヤトラム、トランスロールの敷設)
П水利用の促進 公共施設に大型タンクを設置


4 生活道路・通学道路の整備促進
…務慙における信号機や交通標識の設置
➁交通危険個所の確認とその安全対策
F始・橋梁の補修・改修、必要に応じて新設

5 治安・防災対策 安全安心のまちづくり
ー治体と伊勢崎警察署・境署とのさらなる連携強化
➁外国人対策の推進(マナーアップ、基本条例の策定)
「犯罪被害者等支援条例」の制定
ぜ転車保険加入の義務化
ニ蛭肇メラの増設
γ録緬漂丗从のさらなる推進
Ш匈憶膰逎椒薀鵐謄ア窓口の設置
┰乎羚覬の対応、浸水・防災体制の構築


6 企業誘致および地元企業の育成と雇用の確保
仝柩僂鮟纏襪靴心覿藩驚
➁本市主力の製造業等の環境設備に対する補助金制度の創設
5ヽA置や防音壁などの設備に対する補助金制度の創設(近隣住民とのトラブル解決等の支援策として)

7 福祉・保健・医療
,ん予防事業 検診率向上の推進
➁市独自のさならる健康促進事業の推進
子宮頸がんワクチンに対する全額公費負担の撤廃
せ匍樶瑤んワクチン接種児童・生徒の追跡調査
セ匍樶瑤んワクチン接種による副作用救済支援対策

Ε螢好の高いワクチンに頼らない無料検査によるがんの早期発見
О綮嬋埖を解消するために医療確保対策推進事業の拡充
─岼緡点策課」の主管課を設置
消防本部における救急専用ダイヤルの開設



8 教育・家族の再生
/袈軌藉靄榾,亡陲鼎い振軌蕾革の断行
➁ジェンダー思想を相対化する「家族の絆を守る運動」の推進
市立四葉学園の私立化
ち換餝慘魯謄好箸了堋村別・学校別結果の情報開示
ァ峪劼匹癲徂週を取りやめ、常用漢字「子供」もしくは「こども」表記へ
ι堙亶算童・生徒への対応と対策
Г垢戮討陵帖小・中学校に臨床発達心理士を配属
不登校、ひきこもり児童・生徒の実態把握とその後の追跡調査
不登校、ひきこもり児童・生徒の問題解決に取り組む主管課を設置
⓾いじめ問題等に対応する専門化の配属拡充

スポーツ特化・強化選手に対する支援
個人主義イデオロギーを見直し、家族の絆を重視する「家庭科授業」を実施
 
| 市議会通信 | 12:54 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 12:54 | - | - | pookmark |
樹液者は、受益者で間違いでは有りませんか?
和佐田より
| 和佐田克己 | 2015/11/06 10:42 AM |
適正な樹液者とは?
| 和佐田克己 | 2015/11/15 11:37 PM |
 誤字のご指摘、ありがとうございました。
| 伊藤純子 | 2015/12/28 12:35 AM |









http://junks1.jugem.jp/trackback/325
CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
PROFILE

趣味:スポーツ(マラソン、剣道)映画・音楽鑑賞 読書
性格:天真爛漫
好きな食べ物:
ラーメン 一夜寝かせたカレーライス
好きな歌手:石川さゆり 
尊敬する人:中曽根康弘元首相
好きな言葉:
「百万人言えども我行かん」

スイスに学べ!
スイス政府編  原書房編集部
新書判・320頁  1575円
地域から誇りある国づくりを!
地域から誇りある国づくりを!
私が所属している「日本会議首都圏地方議員懇談会」の議員仲間たちとともに『地方議員の闘い 地域から誇りある国づくりを! 』《 明成社 定価 税込1470円 (本体1400円)》を刊行しましたのでご案内いたします。
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
SPONSORED LINKS
このページの先頭へ